母乳育児ナビ

母乳育児ナビ トップページ

Headlines

グランシェル
心に残る結婚式を。
二人でつくるプチハウスウエディング。
http://www.okazaki-shashinmura.com/

母乳栄養とは

母乳栄養とは

母乳栄養(ぼにゅうえいよう)とは、栄養のために母乳を乳児に授乳すること。人工栄養と対となる。乳児に栄養を与える手段としてもっとも好ましい方法とされており、特に女性の乳房の乳首を直接乳児に吸わせることが望ましいとされている。哺乳類一般の授乳に関しては授乳、人工栄養に関しては粉ミルクを参照されたい。
以下、本稿では断りのないかぎり「授乳」を「母乳栄養」および「直接乳房から母乳を与えること」の双方の意味で用いる。また、「乳児」には「新生児」も含める。

子供にとっての利点

乳房から直接飲む場合、母乳はいつでもどこでも体温にあたためられた状態で飲める。
母乳を飲んでいる子は乳幼児突然死症候群 (SIDS) 等の危険が少ない[要出典]。(米国小児科学会ではSIDSリスクに人工乳栄養は挙げられていない。)
乳首を吸うことは歯その他発音器官の発達を促す
健康上の利点が多いことは例えばAAPの声明にもみられる。
母乳栄養は以下のリスクを減らすのに役立つ:
糖尿病
消化器炎
下痢
気管支喘息
アレルギー
尿路感染症
胸部の感染症
耳感染症
肥満
注意欠陥多動性障害 (ADHD)[要出典]

母乳栄養の概要

母乳は多くの乳児にとって最良の食事である(母親からの感染の心配がなく、子供に特定の先天代謝疾患がない場合)。賃金労働を子育てより優先する事により、あるいは医学上の問題で授乳を行わないあるいは出来ない母親もいる。例えば体液を通して感染するHIVやHTLV-1は、母乳によっても感染する可能性があり、これらに感染した女性は母乳栄養を避ける必要がある。同様に薬品によっては母乳に移行するものもあるが、ほとんどの場合わずかな量の移行に過ぎないので、母乳栄養しても安全であると考えられている。よって、ほとんどの女性は母乳栄養に問題がなく、医師も[要出典]政府も母乳栄養を強く勧めている。もっとも、多くの薬品についていまなお法律上、「授乳中は服用を避けるように」という表示が必要である。
乳児にとって授乳が最良の食事手段であるため、世界保健機関(WHO)や米国小児科学会(AAP)など、多くの政府機関や国際機関が母乳栄養を推奨している。日本においても厚生省が母乳推進運動を行っている。

| 当サイトは、一部Wikipediaからの抜粋・引用があります。 ©2009 Copyright(C)2009 母乳育児ナビ All Ritghts Reserved.